アカデミー賞授賞式

アカデミー賞本日発表となりました。
接続された男が、注目するのはもちろん音楽系映画

 

●「ボヘミアン・ラプソディ」

口コミの凄さを肌で感じたクイーンの伝記映画。
今までスルーしてて、正直バンドだったことをはじめて知った(王道の商業ロックと勘違い)
全く聴いていなかったのが、お恥ずかしい…笑
映画に涙した後も、過去のライブ映像がYouTubeで観れることに感謝。

●「アリー/スター誕生」

主演女優賞にレディー・ガガ、作品賞にもノミネート。
SNS戦略を駆使した手厚いファンサービスといえば彼女。
第一線はアリアナグランデ、テイラースウィフトに譲ったかと思えば
女優として第一線に!!

●「ブラック・クランズマン」

スパイク・リー監督といえば、「マルコムX」の名作とヒップホップ系の映画で有名。
たくさんの貧しい黒人や、いろんな民族が一緒に暮らしているニューヨークのブルックリンを舞台にした
「ドゥ・ザ・ライト・シング」はレコードのジャケの方が印象的かも
他にもジャズトランペッターの半生を描いた「モ’・ベター・ブルース」は、
プロミュージシャンを目指す人には観てもらいたい映画。

●ROMA/ローマ

Netflix作品がアカデミー賞にノミネートされる時代が来た!!
注目されるということは、予算も人材もNetflixに流れてくる。
そして、サブのドキュメンタリー、音楽系作品にも予算が流れて私が歓喜するw
私の中では、アプリの使いやすさ、デザインにおいてもナンバー1なので、
ちょっとマニアックで素晴らしい作品が誕生して欲しい

余談になりますが、
YouTube作品が、何かの賞レースにノミネートされる日が来るのか??
Netflix作品が、ノミネート作品を埋め尽くすのか?

私の希望は、アーティストの活動を伝記でもツアーでも
ほぼ映像化して欲しいですけどねw

ネット系の映像サービスもテレビのリモコンに埋め込まれる日も近いと言われているので
今後も注目したいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です