米中が「デジタル通貨」で覇権争い

新型コロナで世界の経済状況が混乱する中でも
デジタル通貨、暗号通貨が、社会実装に向けて進んでいるようです。
進んでいるというよりはむしろ、戦争状態のようで、
現時点での
非常に真面目な専門家の情報も聞いてみましょう

中国は脱税防止とドル依存をなくしたい

確かに…
国内統制と、世界がこのまま鎖国状態になった時に
アメリカの影響を受けやすいので
総監視社会を推進する中国にとっては都合が良いようです

Facebookのデジタル通貨リブラに進展

戦略ではなく戦術を変えたリブラ

戦い方を変えたようですが、
世界で利用できる通貨を目指しているので
自国の通貨が強い国家については問題ないようですが
通貨の信用が弱い国家からしたら驚異のようです…
これはわかりやすくて納得

動画を観て、ひとつ気になるのは

今おもうと、
2018年の仮想通貨情報はレベル低かったですね…
twitterや商材屋の煽りは置いといて

もともと国家と信頼関係のある銀行の発行するデジタル通貨
円の裏付けのあるステーブルコインが追い上げてきている印象

でも、超真面目人間の方々のご意見をもとに
規制やルールが決まっていくのは面白くないなーなんて。

ステーブルコインは国が真面目にやって
独自通貨はちょっと自由度があって欲しいですね

TVerで無料でみれるよ

日経プラス10
米中が「デジタル通貨」で覇権争い・日本の進むべき道とは
#TVer #日経プラス10
BSテレ東 6月15日(月)放送分 6月22日(月) 21:59 終了予定
https://tver.jp/corner/f0052822

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です