Apple Cardは「一般データ保護規則(GDPR)」に関係してる?? – bitcoin&music mag

Apple Cardは「一般データ保護規則(GDPR)」に関係してる??

データ保護、ネット匿名は、
仮想通貨を作ったサイファーパンクの思想に通ずるものがあるので
あとは、どの通貨が選ばれるのか??が楽しみですね
深読みすると
仮想通貨、需要、実装に半歩近づいた感じですかね

購入履歴や個人情報を第三者に提供しないクレジットカード

ぼんやりしていたApple PayがApple Cardの誕生で
利用する機会が増えるかも

注目したいのはユーザーに優しい機能が満載
さすがApple!!!

“”また、今回のイベントではしきりに個人情報の保護を強調していました。
Apple Cardでお買い物をしても、Apple にはどこで何をいつ、いくら買ったのかは知らされないし、
サーバーにも保存はされません。データを第三者に送信することもありませんときっぱり。””
GIZMODEより引用
https://www.gizmodo.jp/2019/03/apple-card-matome.html

「一般データ保護規則(GDPR)」の影響なのか??

“”欧州で施行された「GDPR」は、あらゆる企業の経済活動に変化を迫る
欧州で5月25日に施行された「一般データ保護規則(GDPR)」は、
消費者がもつ情報に関する権利を自らの手に取り戻す一方で、企業には大きな変革を促す。
これによって経済活動からマーケティング、消費行動まで、多岐にわたって変化が迫られることになる。””
WIREDより引用
https://wired.jp/2018/05/29/gdpr-will-change-the-web-and-more/

 

接続された男的には、

データ保護、ネット匿名は、
仮想通貨を作ったサイファーパンクの思想に通ずるものがあるので
あとは、どの通貨が選ばれるのか??が楽しみですね

深読みすると
去年のコンビニ契約煽りや、企業契約の噂と比べると、
仮想通貨の需要、実装に半歩近づいた感じですかね

第三者に送信している、あのカードは終わるのか…笑

GDPRとネットの未来に興味があるあなたにオススメしたい本


ベルリン・都市・未来

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です