フリースタイルダンジョン終了

5年間に渡って放送されたラップバトル
“フリースタイルダンジョン”が最終回を迎えました。

初回、agehaでゴンドラみたいなん乗ってラップしてたのが5年も前とは
あっという間に人気番組となり、
ラッパーとしての成功のチャンス、挑戦の舞台をつくった素晴らしい番組でした。
さらに、モンスターになる事ができたら、知名度と収入も↑

ボク的には、
YouTubeで再生しまくってたが、動画も情報も少なくて困っていた
番組以前から注目していたラッパー
“呂布カルマ”が、
いつチャレンジャーとして出るか?を楽しみに毎週見てました。

その後、呂布カルマは出演。R-指定に敗れるも
モンスターとなり全国区の人気ラッパーに
YouTubeに動画が増えまくって最高でした。

他にも、
B-BOYパーク時代にピンとこなかったけど、鳥肌モンのバトルに進化を感じたし
高校生ラップ選手権卒業後の舞台としての存在、
ヒップホップ不景気時代から経済を止める事なく活動していた
UMBなどのラップバトルイベント運営やジブラ氏のヒップホップ社会貢献活動の
土台があったからこそだと思います。

あと、FORKという渋いラッパーにも出会えたし
初代モンスターT-Pablowがいるグループ”BADHOP”はこれからの時代を担う存在。

また、フリースタイルダンジョンで成功したのは、画面に映るラッパーだけじゃありません。
関わったスタッフさん達も同じくフリースタイルダンジョンの看板を引っさげて
仕事場で予算を取りまくって、鳥肌モンの挑戦的な企画があちこちで誕生することを願います。

ダンジョンモンスターからメッセージ

テレ朝ラップバトル番組の「終わる理由」


テレ朝ラップバトル番組の「終わる理由」 Zeebraが語った「難しいところ」と新番組への思い
https://j-cast.com/2020/07/01389198.html
@jcast_newsより

出演した人たちからも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です