【本レビュー】GQ 音楽が世界を変える!?

GQ 音楽が世界を変える!?


GQ JAPAN (ジーキュー ジャパン) 2011年 10月号 [雑誌]
『GQ 音楽が世界を変える!?』は、CDが売れなくなった時代に、どうやって音楽を売るか試行錯誤していた時期に発売された。
まず、SNS運用で熱狂的なファンを増やしたレディガガがメインの特集

デジタル時代のアーティストサバイバル術

01レディガガの場合 デジタルを駆使する

02ジャスティンティンバーレイクの場合 投資家になる

03ビョークの場合 アプリでアルバムをリリースする

04U2の場合 ツアーで稼ぐ

05アーケイドファイアーの場合 あえてインディのままでいる

06カイザーチーフスの場合 ファンが選曲をする

07ナインインチネイルズの場合 価格を設定しない

他の特集も見直すと面白い

●大手レコード会社が仕掛けるクラウド型サービス『スポティファイ』とは?
●影響力は『ローリング・ストーン』誌より大きい!?米国公共ラジオ局「NPR」の実力

●世界を席巻するガールズアーティスト15
には、アデル、ジャネールモネイの若い頃や
21歳のカントリー歌手としてテイラースウィフト。
2020年のビックアーティストが
いち特集の1人として紹介されてるのが面白い

ーーーーーーーーーーー
【接続された男】
🔥新着記事
MULTI-MEDIA MIX MAGAZINE
https://bit.ly/2zVqwX2

📺 YouTubeチャンネル
https://bit.ly/3fja9na

🐦Twitter
@setsuzokuotoko
https://twitter.com/setsuzokuotoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です