政治思想を持ち込み批判を浴びたツイッター創業者ジャックドーシー退任仮想通貨へ全振り

米Twitter最高責任者CEOを退任

11月29日ツイッター創業者ジャックドーシーが退任しました。
ここ5年、twitterアカウントのプロフィールで仮想通貨を支持
ジャックドーシーといえば
アメリカ大統領選では、トランプ大統領のアカウントを永久凍結。
SNSに政治思想を持ち込み批判を浴びた。

しかし、GAFAM創業者と並ぶほどのIT著名人になった。

なぜ?批判されたのか。
ネットの思想は、国家に管理されない空間という概念。

<凍結のご褒美なのかな?>
米金融に地殻変動 コロナが引き金フィンテックが悲願の銀行免許、高まる存在感nikkei.comより

最近、日本ではTwitterでの誹謗中傷が裁判まで発展。
物議を煽るのは強欲な広告利用者だけ。
ネット内領土を奪い合う不毛な戦いなのに、
“リツイートしただけ”で賠償金が請求された。

今後は、SNSは規制でがんじがらめ

まだ規制弱めのメタバースや仮想通貨に全振りしたことは自然なことである。

ただ、新規事業が政治介入のないフロンティアという保証もない

7月21日The ₿ Wordでイーロンマスクとジャックドーシー対談

スクエアアップデート

スクエアジャパン

※『接続された男』による仮想通貨の関連記事はこちら

【接続された男】
🔥MULTI-MEDIA MIX MAGAZINE
📺YouTubeチャンネル
🐦Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。