【本レビュー】カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生

ミュージシャンを目指して上京する若者のリアルw


カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生
『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』は、渋谷直角の出世作であり、ドキっとさせられる漫画。

なぜなら、ボクの身近にあった出来事と重なるからだ。

東京でオシャレ文化人になりたいが、

自分の日々の暮らしと照らし合わせて溜息をつく

大きな夢を抱く若者に見てもらいたい漫画。

偽プロデューサーにプロデュースされたい女

ボク周りでも、漫画に近いことが起きていたのですが(CDバブル時代ではあるあるネタw)

中◯美嘉をプロデュースしている小デブのおじさん(自称権利裁判中)に

夢中の女友達(デザインしながら歌手志望)がいました。

結局肉体関係があったかどうかは知りませんが、CDデビューができるはずもなく

小デブのおじさんと夢中の女友達の物語というよりは、

2人の関係者からの噂というか情報力が凄くて、

(本当は裁判してないらしいよw)とか

結果、2人とも痛いやつみたいな噂が広まり、

笹塚、下北あたりの飲み会ネタにされるわけですw

簡単に説明すると、

毎日猛練習もしないのに、歌手になりたい。

それにすり寄ってくるやつも似たようなやつで

しょせん、東京ってそーゆー虚像の町なんですよwww

2020年最新版|500冊読んでわかったおすすめ音楽本47選

ーーーーーーーーーーー
【接続された男】
🔥新着記事
MULTI-MEDIA MIX MAGAZINE
https://bit.ly/2zVqwX2

📺 YouTubeチャンネル
https://bit.ly/3fja9na

🐦Twitter
@setsuzokuotoko
https://twitter.com/setsuzokuotoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です