【ミクスチャーロック特集】ターンテーブリストに波及した重音ヒップホップ

新説ミクスチャーロックの深化

リンキンパークの躍進。スクリーモやマサチューセッツメタルへの細分化が進み
ミクスチャーブームが収束。

その後、ザックデラロッチャは静かに布教活動をしていた。

ブームが終わるとお金が消える。
ミクスチャー音楽ライターも消えたところで
新説ミクスチャーロックの深化について紹介する。

世代的に、ハードコアマインドを持ったヒップホップアーティストがいることは自然。
そもそもヒップホップトラックを作る上で、MPCを使用。
ギター音、ドラムサンプルは無数にある。

ボクは、メイクマネー&ゴージャスが薄味の
西海岸アンダーグラウンドヒップホップには興味があった。

Mr.dibbsがロックサンプリング

日本のアングラヒップホップシーンDJ BAKUとMC漢

DJ BAKU – KANNIBALIZM(2004年)

KAIKOO/邂逅 DOCUMENTARY FILM (2005年)

ザックデラロッチャとDJ Shadow

西海岸アンダーグランドヒップホップでは、
ターンテーブリストがロックギターでスクラッチ

重音ヒップホップ

Tyler The Creator – Yonkers(2011年)

Kanye West – BLKKK SKKKN HEAD(2013年)

ヒップホップバンド

The Roots Rock you (2002年)

John Frusciante – FM (2012年)

RZA, Masia One, Kinetic 9, Rugged Monk & John Frusciante

※『接続された男』によるミクスチャーロックの関連記事はこちら

【接続された男】
🔥MULTI-MEDIA MIX MAGAZINE
📺YouTubeチャンネル
🐦Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。