アートが何億ドルで売れたとかいうNFTって実際どっすか? | bitcoin&music mag

アートが何億ドルで売れたとかいうNFTって実際どっすか?

デジタルアートが75億円で落札

75億円のNFT作品落札者は世界最大のNFTファンド創設者・Metakovan|美術手帖

このわかりやすい話題に釣られて
元パリピギャルの自称アーティストが、せっせとNFTネタでYouTubeを更新(1年ぶり)

ボクの頭の中は
(わかるわかるよ、意識高い系先駆者になりたいんだろ)

2018年の仮想通貨大暴落後
ボクは、アートも音楽も<仮想通貨・ブロックチェーン>と書いてれば
雑誌を手に取り特集記事を読みます。

片っ端から読みましたが
技術者ではなく、想像力も足りなくていまいち理解できませんでした。

なんとなく読みの中でも
漫画で解説していてわかりやすかったのが美術手帖

まだNFTがない頃に


美術手帖2018年12月号 特集 アート×ブロックチェーン
さっそく、友人の絵描きさんに説明しました。
が…相手にされずwww

確かに、ボクの中でも不明な点が多くて
デジタル証明書に権威があるか?
誰が世界のアートを一括管理できる?
複製された場合の罰則?
先の話なんで、その悩みも後回ししていました。

話を戻します。
2021年、ついに時が来ました。

wired.jp より
デジタル資産の「NFT」という、“所有できる幻覚”の価値

Newspicksはわかりやすい!

さっそく特集あるので観ます
4月13日 (火) 22時00分 〜 23時05分
NFTは本当に価値があるのか?

https://newspicks.com/live-movie/1200/

アートの次は音楽では?

昨年、特集したこれからの動画と音楽
こちらのミュージシャンの稼ぎ方で触れましたが。

音楽アーティストのデジタル資産を扱う場合、原盤権が大事になってくるとおもいます。
そうなると100%持ち主の自主制作の音源が強い気がします。
それか、制作に関わるスタッフの隅々まで0.001%単位で権利が管理されるとか.
ワクワクしますね
これからも100年以上世界で聴かれるビートルズの権利もどうなるか楽しみですね。

ーーーーーーーーーーー
【接続された男】
🔥新着記事
MULTI-MEDIA MIX MAGAZINE
https://bit.ly/2zVqwX2

📺 YouTubeチャンネル
https://bit.ly/3fja9na

🐦Twitter
@setsuzokuotoko
https://twitter.com/setsuzokuotoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です