【話題】NITRO MICROPHONE UNDERGROUND LIVE19

活動再開に際してグループからはコメントを発表

昨今のジャパニーズヒップホップの認知度の高さは、
先人たちの努力と活躍の積み重ねにより 目を見張るものがある。
創世記に比べれば表現手法も増えたのも周知の事実。創成期と年月を経たいま。
なにごとも土台があってこそ積み重ねができ、そしてニュースタイルが作られていく。
活動20年目を迎える今年、2019年。
NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDが再集結することで、僕らが魅了され、
オーディエンスに届けてきたヒップホップアクトを再来させたい。
重ねた礎と今持っている知恵を掛け合わせることで何ができるかを試したい。
NITROの再結成によりシーンが活性化され、新しいムーブメントを起こす可能性を秘めていると考えている。

再結成ライブをするたびに話題になる
NITRO MICROPHONE UNDERGROUND(ニトロ・マイクロフォン・アンダーグラウンド)

ボクの記憶では5年前くらいの前回かな、
最強のバックバンドで生バンドライブツアーがかなりヤバかったと聞きました
今回も話題に。
ニトロはスタイリッシュでいいっすね

同世代だと、
“証言” LAMP EYEのKEMURIプロダクションや
最近の若手だとBAD HOP、
大人数クルーのライブは迫力&特別感があっていいんですよね

REDBULLより引用
ニトロ、結成から約20年——。彼らはいま、《ヒップホップ》をどう見つめているのか? メンバー8人に訊く、“たった5分の”インタビュー・シリーズ。
https://www.redbull.com/jp-ja/projects/nmu-interviews

おまけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です