【プレイリスト】パンク天国 British Underground Punk Rock ’76-’82

パンク教科書であり超ファンジン

前書き

イギリスのパンク・ロックはSEX PISTOLSから始まった。

そして彼らが活動を開始した76年から、

ハードコア誕生前夜の82年までのわずか5、6年の間に、

イギリスだけでも数え切れないほど多くのパンク・バンドが誕生し、

ライヴ活動/レコード・リリースをしていた。

4大パンクと言われるSEX PISTOLS、CLASH、DAMNED、JAMはともかく、

当時のパンク・ムーヴメントを支えたその他の無名なバンド達は

あまり大きく取り挙げられる事がなく、

中には、誰にも知られないまま埋もれていったバンド/レコードも数多く存在している。

数年前から『BACK TO FRONT』や『KILLED BY DEATH』を始めとする

多くのオムニバスによって始まった、

そういったオブスキュアな70’Sパンクの再発見/再評価は現在もなお続けられており、

改めてパンク・ロックの奥の深さを思い知らされる(イギリスに限った話ではないが)。

この本では、前述の4バンドについては触れていない。

一般的に(知名度的に?)B級/C級と言われる

バンド達に焦点を当てた内容になっている。

サウンド的にも、いわゆる70’Sパンク・スタイル(と言っても色々だが)のものから、

Oilパンク、ネオ・モッズ、パワーポップ~ニューウェイヴ等、

そのスタイルは本当に様々である。ただひとつ言えるのは、

知名度の有無に係わらず、これらのバンドも含めて

イギリスのパンク・ムーヴメント”は成り立っていたということ。

そしてその中には、多くの優れたパンク・バンドが存在していたのである。

今回紹介しているバンド/レコードがイギリスのB級/C級パンクの全てではないし、

他にも数多くのバンド/レコードが存在している。

だがこの本を、パンク・ロックを(ファッションだけでなく)

さらに深く理解する為のひとつのきっかけとしてもらえると嬉しく思う。

パンク天国 序文(的な)3ページ目より引用

執筆者一覧(五十音順)

射延博樹 LRF
岩崎芳久 RUST
大槻洋 REGISTRATORS
小川晋
KARTZ NODA LIPSTICK
熊沢新弥 THE HAWKS
佐藤良樹 DOLL
関口弘
大洞一己 BLADE
TAYLOW THE原爆オナニーズ
塚本利満 DOLL
豊嶋佳晃 DOLL
中谷哲也 VINYL JAPAN
行川和彦
服部健
HIROSHI THE GOLDEN ARM THE GOLDEN ARMS
三木ひろき EXPLORE
村上孝平 TIME BOMB
森脇美貴夫 DOLL
REN REGISTRATORS

プレイリスト


Apple Musicで7インチバージョンを探すのは至難の業というか…
ほぼ存在しないですが(笑)
ボーナストラックで見つかることもあります。
とはいえ国内盤が出ていたようなタイトルじゃないとないみたいで…

できる限りパンク天国で紹介されているアルバム、
シングルが収録されたアルバムから

時間を見つけては追加していくので良かったら聴いてみてください

シリーズ一覧

パンク天国 British Underground Punk Rock ’76-’82
パンク天国 2 80’s British HARDCORE PUNK
パンク天国 3 US Punk Hardcore
パンク天国 4 PUNK/NEW WAVE JAPAN 77-86!!
ーーーーーーーーーーー
【接続された男】
🔥新着記事
MULTI-MEDIA MIX MAGAZINE
https://bit.ly/2zVqwX2
📺 YouTubeチャンネル
https://bit.ly/3fja9na

🐦Twitter
@setsuzokuotoko
https://twitter.com/setsuzokuotoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です