【本レビュー】大恐慌 スタッズターケル

バカみたいに騒いでいる話題は無視してこの本を読めばいい

80年前、人びとはあの“つらい時代”をいかに生き抜いたのか? 
そして今、われわれはどう生き抜けばいいのか! スタッズ・ターケルの名著

インタビューの名手と謳われたスタッズ・ターケルが、
ローズヴェルト政権の中枢部から失業者、役者、犯罪者にいたるまで132人にも及ぶ声を本にした。

余談だが、2020年3月から
入荷しては売り切れ、中古で6000円出して買っている人もいる。
いわゆるせどりにはいい本だが、
しっかり読んで本棚に置いておくほうが価値がある。

ボク的には、

大恐慌というのは、発表されて1、2年後に実生活に影響が出ることがわかる。
そして、まったく影響を受けない人も、すべてを失う人も同じ街にいた。
ホームレスの向かいで、立派な毛皮を着たお姉ちゃんがスーツの男とレストランから出てくる。
凄い世界だ。

だからといって、
人の足を引っ張ってる場合ではない。

大恐慌から立ち直る最善の策は、
金持ちや権力者に頼るでも、蹴落とすでもない。
国民一人一人が一生懸命になることだとわかる。

この本を勧めてくれた
先輩に心から感謝している
彼は引退しているが、いまこそ出番だと思う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です