Twitterがビットコインでチップできる機能を実装します

仮想通貨実装社会の大本命

twitterが、ツイートに投げ銭できる+ビットコインを発表しました

これは、クラウドファンディングやユーチューブなどの
個人収益化を結びつけるサービスのひとつです。
気軽に課金できることが課題です。

SNSで収益化は、フェイスブックも欲しい事業。

同軸で考えましょう。
今後10年は、貧困を克服する国が出てきます。

例えると、
北朝鮮のような国民の平均年収が400万円になり
世界で利用ができる通貨で買い物ができる世界線です。

もちろん北朝鮮だけではなく他の国も続きます。

アフリカ経済は人口が多く白人アレルギーがあるので
そのお金がどこに向かうのか考えるだけで巨額です。

だいたいの検討がついてきたとおもいます。

ドル、円、ユーロ、ではなく
発展途上国の基軸通貨が仮想通貨になる世界を目指しているということです。

仮想通貨がもらえる次世代ブラウザ BRAVE
を超える機能になります
BRAVEは失速してますね…

先読みしてまとめると

中国とアメリカSECの仮想通貨規制で逆風が吹く中、
なぜ、Twitterが発表するのか??

国をまたぐチップ機能に税金はかかるのか?
関税はかかるのか?

様々な問題が一気に解決するかもしれません

そして、
ギャルはキャバクラではなくtwitterの課金で生活費を稼ぐ日が来るかもしれません
Netflix「ブラックミラー」の”ランク社会”にも近づきますねwww

※『接続された男』による仮想通貨の関連記事はこちら
ーーーーーーーーーーー
【接続された男】
🔥新着記事
MULTI-MEDIA MIX MAGAZINE
https://bit.ly/2zVqwX2

📺YouTubeチャンネル
https://bit.ly/3fja9na

🐦Twitter
@setsuzokuotoko
https://twitter.com/setsuzokuotoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。