【本レビュー】WIRED これからの音楽

WIRED これからの音楽


『WIRED これからの音楽』は当時、何歩も先を行く音楽サービスを積極的に紹介した雑誌。

特集にある、新しい音楽との出会いをもたらす、6つのインフラ

音楽エコシステムの現在進行形として

いち早く紹介していたのが

違法ダウンロードを駆逐する切り札!?
⇨SPOTIFY(スポティファイ)

音楽家のための『Etsy』か、Myspaceの進化系か
⇨BANDCAMP(バンドキャンプ)

21世紀の”感性”を決定づけたインディー系ウェブジン
⇨PITCHFORK MEDIA(ピッチフォークメディア)

現在、この雑誌にある特集通りに歴史が進んでいるではないか!?

2021年以降の音楽の未来は、自分で考えていきたい

2020年最新版|500冊読んでわかったおすすめ音楽本47選

ーーーーーーーーーーー
【接続された男】
🔥新着記事
MULTI-MEDIA MIX MAGAZINE
https://bit.ly/2zVqwX2

📺 YouTubeチャンネル
https://bit.ly/3fja9na

🐦Twitter
@setsuzokuotoko
https://twitter.com/setsuzokuotoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です