YOSHIKIがアメリカ音楽ビジネスに詳しすぎる | bitcoin&music mag

YOSHIKIがアメリカ音楽ビジネスに詳しすぎる

YOSHIKIはLAに移住して30年以上

YOSHIKIはLAに移住して30年以上経つ。
LAで音楽活動をしてきていたが
音楽業界にパラダイムシフトが起きていると話す。
それは、BTSのブレイクでアジア人が注目されている

音楽業界を世界地図に例えると
日本人の音楽アーティストは、
世界地図の中でもミクロ的な小さな国
地図の端っこか載ってないくらいの存在。

だったが、
アジア人アーティストに対して世界の見る目が変わってきている。

世界地図の目立つところにアジア人がいる

アジア人アーティストに大きなチャンスがきている

土台から文化を知るために
聖書と音楽ビジネスの契約書を読みまくった

最近の音楽業界は?
K-POPの飛躍で、
アジアのロックスターに注目が集まっている。
アジア人アーティストに対して世界の見る目が変わってきている。

日本は世界で2位の音楽マーケット

いい意味でも、悪い意味でも音楽市場が世界2位。

それは、音楽マーケットが大きく
国内だけでも成立してしまうから
海外で売ることが進化していない。

アメリカでは2年前からCDが化石的な存在。
だが、日本ではCDを売るプロモーションされている。

音楽は無形資産、ストリーミングの良さを受け入れるべき

YOSHIKIの凄さがさらに分かる動画

まとめ

ボクは、ミュージシャンとして飯を食っていくと決めたなら
工夫して音楽を売り、お金を発生させるべき。
トレンドにしっかり乗って世界で成功して欲しいです。
【総力特集】これからの動画と音楽
ーーーーーーーーーーー
【接続された男】
🔥新着記事
MULTI-MEDIA MIX MAGAZINE
https://bit.ly/2zVqwX2

📺YouTubeチャンネル
https://bit.ly/3fja9na

🐦Twitter
@setsuzokuotoko
https://twitter.com/setsuzokuotoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です