【2021年未来予測】音楽界はどうなる?

2020年の話題といえばコロナに尽きますが、
総じていうと人間関係や古くからある体制を疑問視する1年でした。

特に、お金の面ではどん底のどん底でしたが
その環境のなか、ダラダラ過ごすか、アンテナを張っているかが運命の分かれ道。

2021年はアクションを起こす活動家が沢山出てくるでしょう
ってことで激動の1年になりそうですね

ということで、今年に起きた
音楽の着火点をおさらいして来年頑張りましょー

EDMの次は?まだまだヒップホップ??


当たり前のことなんですが、

フリースタイルダンジョンの何倍もの規模の

ラップオーディション番組”Netflixリズムアンドフロー”の大成功

シーズン2からもっと認知が広がれば

世界大会をやって欲しいです(モチ英語だと思うけど)

エンタメの感動に変化?

YouTubeで成功している人のなかに、

有料放送に切り替える流れが進みました。

『NETFLIXに企画を買い取って欲しい』という声も。

他にも、オンラインサロンの進化がありました。

新しいエンタメの感動は、オンラインサロン経済圏を利用したファン巻き込み型

西野亮廣、中田敦彦がみせたファンと創るイベントでした。

これは音楽アーティストも参考にするべき

そして、熱狂的なファンをもつレペゼン地球

目標のドームライブで解散したが次のステージは?

ボクが注目したいのは、MC漢。

普通なら、世間の目に触れるのが数年かかりそうなニュースとなったが

斬新な復活ロードマップを作っている。

インディーズだからできた!って一言じゃおさまらない偉業だと思います。

コロナ禍で急成長

●オンラインイベント
●野外フェスの動画配信
●ゲーム空間
●ECサイト(海外通販)
●おうち時間
●ニッチなジャンルのYouTuber

なんちゃって業界人は、

オワコンとか言いたい項目もあると思いますが

ただ、儲からなくなり、あなたの手を離れただけで

発信者自身でマネタイズする時代になると思います。

インディーズレーベルと連携

地味に進化し続けているBandcamp

はじめてお買い物しました。

好きなアーティストの限定ものや、

グッズが買えるからいいとおもうし

ツアーでしか買えないTシャツというのももったいない気がします

2021年は

ボクは忘れられてしまいそうな
音楽誌や書籍、
映画やミュージックビデオ、
写真家やグラフィックアーティスト

デジタルに移行できていない
もっと濃い内容の記事と動画を
増やしていきたいとおもいます。

ーーーーーーーーーーー
【接続された男】
🔥新着記事
MULTI-MEDIA MIX MAGAZINE
https://bit.ly/2zVqwX2

📺 YouTubeチャンネル
https://bit.ly/3fja9na

🐦Twitter
@setsuzokuotoko
https://twitter.com/setsuzokuotoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。