Facebookが社名をMetaメタに仮想空間メタバースに全振り

独自通貨リブラはどこへ?仮想空間メタバースへ

ここ10年。
Facebook離れからの〜個人情報流出、ずさんなクラウド管理、GDPR法案などなど
いじめに近いマイナスニュースが続きました。

特にEUのGDPR(個人情報保護法)への制裁金と世の風潮はFacebookに逆風。

Facebook復権へのカギは、
高い成長性を秘めた新興国に独自通貨を流通させることでした。

2019年Facebook復権を予感させた独自仮想通貨発表の記事

Libra頓挫…大統領選でトランプアカウント凍結
バイデンを支持したのでFacebook復権が見えてきたと思ったら…社名変更

今なら仮想空間に規制はない!かのごとく
法律から逃げるように新規事業を立ち上げる…残念です。

収益構造の参考に


Appleは、
GAFAのなかで個人情報を利用した広告収益が少ないので
GDPRに遵守。アプリにも規制します

ホリエモンが解説

反Facebook時代が長すぎる

まとめ

スティーブ・ジョブスだって批判されまくりでしたけど
ザッカーバーグへの非難はちょっと異質。

Netflixで観れる作品
SNSや個人情報データ商売がずっと批判されています。

新規事業より退任の方がイメージアップになる気がします。

※『接続された男』による仮想通貨の関連記事はこちら
ーーーーーーーーーーー
【接続された男】
🔥新着記事
MULTI-MEDIA MIX MAGAZINE
https://bit.ly/2zVqwX2

📺YouTubeチャンネル
https://bit.ly/3fja9na

🐦Twitter
@setsuzokuotoko
https://twitter.com/setsuzokuotoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。