米フィデリティが申請 ビットコインETFについて

米資産運用大手フィデリティ・インベストメンツがビットコインETF

2019年までのクリプト界隈は、
ビットコインのことを
電子ゴミ、詐欺コイン、呼ばれ、下げ相場からの無風相場
株に流れる仮想通貨民を横目に
ガチホ勢にとっては精神面での戦いの日々。

2020年に相場が一変。

2021年は明るいニュースばかりで電子ゴミというワードはタイムラインから消えました。

そして、直近の重要イベント
4月14日仮想通貨取引所米コインベースナスダック上場
相場がかなり盛り上がりました。

これは、金融界隈とクリプト界隈の信用を築く大事なイベントでした。

次の重要イベントといえば
フィデリティETF申請になります
これはより世界的信用を築くイベントになります。

coindesk JAPANより
米フィデリティ、ビットコインETFに進出か

ETFとは

ETFのメリット
・少額から投資できる
・分散型で低リスク

クリプト界にとって可能性
・BTCの送金詰まりが解消される
・取引手数料が安くなる
・利益の税率が低い

ゲンスラーSEC長官就任について、フィデリティETFが仮想通貨取引所に与える影響についてビットコイン暴落をどう捉えるか? Takao Hiroseチャンネル

とにかく、
まだ誕生したばかりのデジタル通貨という概念は伸び代だらけ
長期目線で見ると右肩上がりの市場だと思います。

ボクは、仮想通貨レンディングサービスにも期待してます。

※『接続された男』による仮想通貨の関連記事はこちら。
ーーーーーーーーーーー
【接続された男】
🔥新着記事
MULTI-MEDIA MIX MAGAZINE
https://bit.ly/2zVqwX2

📺 YouTubeチャンネル
https://bit.ly/3fja9na

🐦Twitter
@setsuzokuotoko
https://twitter.com/setsuzokuotoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。