【MV特集】レディオヘッドに影響受けすぎてる | bitcoin&music mag

【MV特集】レディオヘッドに影響受けすぎてる

レディオヘッドが神だった時代の出来事

レディオヘッドは、イギリスのロックバンド。
1stアルバムはギターロック。
その後、「オーケーコンピューター」「キッドA」「アムニージアック」
電子音楽やサイケも昇華したポストロック的なアプローチでいて革命的なアルバムを連発。

レディオヘッドのやること全てが格好良かった時代

こちらはディレクターズレーベル特集にも出ている
映像作家ジョナサングレイザーのMV。
ヴォーカルのトムヨークの陰湿なダークさが際立った時代。
この世界観にもろ影響を受けた映像が日本にありました

フジファブリック

ドラマ「モテキ」のオープニング曲
こちらはポップなんでご安心をwww
この、倒れては起き上がる男性は俳優森山未來

プロジェクションマッピングが話題になっていた時代背景もあり
↑にあるレディオヘッドMVを工夫。
予算に合わせて制作されたかのような仕上がりになっています。

MVのような映画「告白」(2010)

アマゾンプライムビデオで観れるよ
監督はCMディレクター出身の中島哲也
主題歌がレディオヘッドなのでもう答えが出ているのですがw

どこかレディオヘッドのMVのような青暗い質感で
長尺の映画が完成していることが凄く。ストーリーも最高

内容が精神的にエグいので賛否ありましたが
2010年革新的な日本映画でした。
もっと賛否を呼んだAKB48の『Beginner』のプロモーションビデオ

世界のトレンドをおさえる

この作品を観て
「ただのレディオヘッドじゃん」(映画関係の酒乱)
話す友人がいましたが、彼はいまでも代表作品を残すことができていません。

世の全ては”パクリ”という名の”学び”で成り立っています。

ボクは、万人に向けたプロモーションをする場合、
トレンドに力を注ぐべきだと思いますよん

※『接続された男』によるMV(ミュージックビデオ)の関連記事はこちら。
ーーーーーーーーーーー
【接続された男】
🔥新着記事
MULTI-MEDIA MIX MAGAZINE
https://bit.ly/2zVqwX2

📺 YouTubeチャンネル
https://bit.ly/3fja9na

🐦Twitter
@setsuzokuotoko
https://twitter.com/setsuzokuotoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です