【本レビュー】上田岳弘 ニムロッド