【漫画】レコスケくん

熱狂的なファンを作りたいならコレクターの心理を



レコスケくん COMPLETE EDITION
『レコスケくん』は、アナログレコードコレクター音楽ヲタの心理を知れる漫画。

ひとえに音楽ヲタといっても底無しで

これは、その一例であって、いわゆる親父系(~1980くらいのロック)ものです。

レコ屋にあるロック名盤には、UK版、US版に再発版なんてのもある。

CDでも再発となると未発表曲が付き2枚組とか。BOXセットで何万円とか。

紙ジャケットシリーズもあるし

なぜ?同じアルバムを何度も再発するの?

なんて思うが

この漫画に出てくる登場人物たちが買うためにリリースされているのだ。

音楽ヲタについて補足

ボクが知っている音楽ヲタ逸話を紹介しておきますね

●来日ツアーに全部行く

●USハードコアのアナログ全部持っている。

●プリンスに認知されているプリンスマニア

●アメリカのよく知らない町のバンドを気に入る
⇨そのレーベル全買い、同じ町のバンドも買い漁る
(1つ良いバンドがいるなら他にもいるはずだ心理)

●なんとか大聖堂と同じサウンドが体験できる仕様のCD(超関係者のみ配布)とオーディオセット
(スピーカーがなかった時代の大聖堂は、生声が遠くまで届く設計の建築)

●知人がブルーハーツのパイナップルツアー(すげー昔の)のチラシを所有しているのを知り
コピーしたいから仲良くなりたい

この手の趣味を誰かに自慢したくてやっているのではなく

自分で楽しむために静かに集めているのだ。

毎年年末に発売される
◆レコード好き、音楽好きなら、毎日が楽しくなる手帳
“レコード・ダイアリー”もおすすめです

ーーーーーーーーーーー
【接続された男】
🔥新着記事
MULTI-MEDIA MIX MAGAZINE
https://bit.ly/2zVqwX2

📺 YouTubeチャンネル
https://bit.ly/3fja9na

🐦Twitter
@setsuzokuotoko
https://twitter.com/setsuzokuotoko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。